MENU
special_main

股関節痛を抱える方の為の運動

● プールでの歩行を勧められた事はありませんか?

 股関節が悪い方がまず一番に勧められる運動は、「プールでの歩行」だと思います。
水中では体が浮いて股関節に負担なく運動が行えそうですが、実はほとんど意味がありません。
もちろん行わないより行った方が良いです。しかし筋肉が股関節を支えるだけの必要量つくこともありませんし、股関節の可動域を考えるとお勧め出来ません。
その理由としてプール歩行はどうしても歩幅が拡がり、股関節の可動域が拡がり過ぎてしまうことで痛みを発してしまいます。また、歩幅が拡がることで腰を痛めてしまうことも多々あります。

 プール歩行の他にはウォーキングを勧められると思います。
元々股関節に痛みがあるにも関わらず歩くことが出来るはずがありません。

 ストレッチもよく聞くと思いますが、ぼくはこう問いたいです。
『ストレッチして股関節良くなってますか?』
良くならなってないと思います。
これにもちゃんと原因があります。
 股関節を悪くされている方々の多くが体に関して素人同然です。
その素人の方々が5〜10分教わっただけや、テレビや雑誌で得た知識でストレッチをやったとしても上手く出来るわけがありません。しかも、ストレッチには一つ重大な欠点があります。
筋肉にかたまった部分(いわゆるコリ)はストレッチでは柔らかくならず、コリを直接圧迫してあげることで柔らかくなります。
その為ストレッチを正確に行わない限りまず股関節周りの筋肉をストレッチでほぐすことは非常に難しいと思ってください。
筋肉や股関節の構造の勉強をして、「自分の筋肉のどこがかたくなっていて、股関節のどの部分が痛くなっているから、このストレッチをする」ここまでわかった上でしないと効果は極端に薄くなります。

患者さまの症例