MENU
useful_main

ランナーのためのウエイトトレーニング

ランニングにウエイトトレーニングは必要なのでしょうか?

ランニングの練習の基本は”走る”ことです。
しかし走るだけでは効率が悪く、ケガも引き起こすこともあります。
そこでウエイトトレーニングを取り入れると次の効果があります。

・ケガ予防  結合組織を強くして筋肉、腱の障害を軽減させる
・筋力強化  フォーム維持やスピードアップ等につながる
・神経筋協調 筋肉の使い方や連動がスムーズに行えるようになる

など様々な効果を発揮してくれます。世界のトップランナーをみても皆、ウエイトトレーニングを行っているのがその証拠です。
私達市民ランナーにもできるウエイトトレーニングはたくさんあります。
そのトレーニングを行うことで普段のランニングが効率よく走れるようになれば”走る”だけの練習より早いレベルアップになります。
今までの練習にウエイトトレーニングを取り入れ、新たなステップへ踏み出しましょう!