MENU
treatment_main

一般施術の流れ

原因より引き金が大事な事が多い

一般施術の流れは皆さまのご想像通りです。

問診→施術→痛めた原因の説明や身体の状態の解説→電気治療、大体この流れです。

施術に関してはもちろん圧倒的自信を持って行っておりますが、皆さまからすると当然のことだと思うのでここでは詳しく書きません。

「痛めた原因の説明や身体の状態の解説」は他に比べるとかなり詳しくします。本気で治したい方の多くは「原因」を知りたがってます。しかし、原因となる筋肉と引き金となる筋肉は別です。この引き金を特定・治療そして説明することで患者さんも深く納得して頂きます。

例えば、マラソンの練習で膝の外側を痛めた場合、原因となる筋肉は「大腿筋膜張筋」です。引き金となるのは股関節周りの筋肉(大腿筋膜張筋が引き金になる事ももちろんあります)・骨盤・腰の問題だったり人それぞれです。この引き金を特定して治さないと原因筋は治りにくい事が多いです。

引き金の特定は経験と知識も重要ですが、何より施術する側が体験してるかどうかで大きく左右します。怪我という怪我を自分で引き起こし、人体実験を繰り返しておりますので引き金の特定には自身があります。

皆さまの身体を理解する前に自分自身の身体を理解することで、それをフィードバックしているのが当院の最大の特徴といえます。