産前の体の話

004:浮腫(むくみ)

赤ちゃんが大きくなればなるほど全身に広がっていく『浮腫(むくみ)』。1番ひどくなる部位は足首といわれています。このむくみにより足全体に倦怠感が表れ、足が重くなり歩くのも億劫になってきます。このむくみがひどくなると静脈瘤がでてきたりします。象さんの足のように太くなり気持ちまで落ち込んでしまいますよね。

むくみの原因は、たんぱく質の欠乏、貧血や血行障害、妊娠中毒症が考えられます。むくみがあまりにもひどく、朝からむくむ、尿量の減少している、さらに体重増加が一週間に450グラム以上ある場合、妊娠中毒症の注意が必要ですので、すぐに病院へ行くことをおすすめします。

普段から気をつけることは、食事の面では塩分の摂りすぎに注意し、長時間立つことは避けた方がいいです。また体が冷えてくると全身の血行が悪くなりむくみがひどくなる場合もありますので避けた方がいいです。できればお風呂で足湯などをすると効果的です。もしくは、風呂に入っているときに自分でふくらはぎをマッサージするのも大変有効です。

寝るときの状態、食生活これらも大事です。色んな情報があり、いまいちわからないことが多いと思いますが、どんなことも是非相談してください。時間の許す限りあなたに合ったアドバイスをしていきます。

子宮の拡大により太い様々な血管やリンパ管が圧迫され全身の循環が悪くなり起こる『むくみ』。だるみや痛みを少しでも改善するためにお互い頑張りましょう!

他の産前の体の話をみる