股関節の治療方法

001:股関節横部の痛み

・大臀筋(太ももを後ろに引く、脚を外側に回すなど)

大殿筋は股関節の横が痛くなるより、後ろが痛くなる時に関係性の深い筋肉ではありますが、無関係ではないので紹介しました。
横の少し後ろが痛くなったりします。
下半身を支える大きな筋肉でもあるので、ストレッチなどでほぐれやすいことが特徴です。
また、テニスボールなどを下にして刺激しても比較的ほぐしやすい部位です。
この筋肉が硬くなると、がに股で歩いたり、お尻が垂れてきます。
大きな筋肉のため改善しやすい部位ではあり、ほぐすとすぐに効果を感じやすいです。
大殿筋のセルフケア

・中臀筋(脚を外に開く”いわゆる外転”)

股関節の外側が痛くなるときに主な原因として考えられる筋肉がこの中臀筋です。
股関節横からみて調度真上に痛みが出るときはこの筋肉のコリが考えられます。
この筋肉もテニスボールの上にのって刺激しても効果的ですし、机の角(丸い部分がオススメ)などで押すのも良いです。
中臀筋が硬くなりうまく機能しないと、立位時や歩行時にフラつきがでやすくなります。
また、股関節を上に引っ張るようについているため、中臀筋が硬くなると股関節の変形が進みやすくなります。
早い段階でここをほぐすだけで予後が全然違います。
中殿筋セルフケア

他の紹介ページをみる