股関節の治療方法

002:股関節前部の痛み

・大腿内側広筋(膝を伸ばしたり、足を内側に閉じる筋肉)

大腿中間広筋と同じような痛みで、股関節の少し下に痛みがでます。
膝の内側にも痛みが出る場合、この大腿内側広筋が原因の可能性があります。
股関節の下側をほぐしても痛みが中々引かない場合、膝の内側もほぐすと意外と股関節が楽になったりします。
大腿中間広筋セルフケア

・大腰筋(股関節を曲げたり、外に捻ったりする筋肉)

腰から股関節前面を通り股関節の下の内側に付く筋肉です。
この筋肉が固まると、座った状態から立ち上がるときに股関節や腰に痛みが出ます。
股関節だけでなく腰にも痛みが出易い方は大腰筋が原因の可能性が高いです。
大腰筋セルフケア

他の紹介ページをみる