股関節の治療方法

002:股関節横部の痛み

・小臀筋(中臀筋と同じような働きをする)

中臀筋の下についているため、中臀筋の補助的役割をします。
また、臀筋の中では最下層にあり小臀筋をほぐすことは中々難しいです。
大・中臀筋をほぐさないと小臀筋のコリをとることは無理なため、時間がかかります。
しかし、この小臀筋をほぐさないと臀筋群のパフォーマンスがかなり下がります。
テニスボールでは中々到達できない部位ですので、専門家に任せることをオススメいたします。
小殿筋セルフケア

・大腿筋膜張筋(脚を外に開くいわゆる外転、膝関節を曲げる)

股関節の横側が痛くなる原因の最たるものがこの大腿筋膜張筋です。
上の画像をみてわかるように、骨盤の横側から膝の外側につきます。
そのため、股関節と膝の外側両方に痛みが出たらこの筋肉が原因である可能性が高いです。
ランナーがよく痛めることがある腸脛靭帯炎の原因はこの大腿筋膜張筋です。
膝外側に痛みがあるため膝に原因があると思ってる人が多いですが、これは股関節周りの問題です。 
ですので、この筋肉をほぐすと不思議と膝の外側の痛みがとれます。
テニスボールで押そうと思っても中々難しいのですが、ストレッチポールを使うと効果的にしっかりとほぐせます。
大腿筋膜張筋セルフケア

他の紹介ページをみる