股関節の治療方法

002:股関節お尻~太もも裏の痛み

・大腿二頭筋(大きくは、それぞれ太ももを後ろに引く・膝を曲げるなど)

この筋肉は痛めやすいことで有名です。
次に紹介する「半腱様筋」「半膜様筋」と合わせて「ハムストリングス」と呼ばれます。
運動をしてる選手の多くがこの筋肉を痛めやすくまたそのあとも癖になりやすいのが特長です。
100mで有名なウサイン・ボルト選手も痛めたりしています。
とても長い筋肉のため痛めやすいと考えられます。
硬くなりやすい部位が多く、ケアがとても重要になってきます。
特によく運動されている方は太もも全体のストレッチやマッサージは必ずしないと疲れがたまり筋肉が正常に使えなくなり、痛める可能性が高くなります。

股関節が悪い方でこの部位に原因がある方は、座ることが多かったり、猫背だったり、骨盤が後ろに傾いてる場合が多いです。
また、写真を見ていただくとわかりますが、膝の外側につきますので、膝の後ろ横が痛いという方もいらっしゃいます。
大腿二頭筋セルフケア

他の紹介ページをみる