骨盤ケア

産後の骨盤ケアと言われてもどんなことをされるのかご存じない方が多いと思います。

『骨盤の歪みを治すんでしょ?』

と言われますが、確かにその通りなのですが事はそんなに簡単ではありません。

そんなに簡単に治るものでもないです。

皆さんが骨盤ケアで気になるポイントの一つを解説していきます。

 

下の6つの骨盤ケアで気になるポイントを紹介させて頂いております。

・いつから通えば(通うと)良いの?

・なぜ産後に骨盤のケアをする必要があるの?

・どんなことをするの?

・体型は元に戻るの?

・どれくらい通えば良いの?

・骨盤ベルトをしとけば骨盤は元に戻るの?

 

今回は『産後の骨盤ケアはどんなことをするの?』について解説していきます。

皆さんが骨盤矯正と聞くと、骨を鳴らしたり体をギュっと捻ったりするイメージがあると思います。

そういった方法もありますし、ゆっくり骨格を戻していく方法もあったり、筋肉をほぐしながら骨格を元に戻していく方法もあります。

様々な方法があるのですが、どれが良いということはありません。

多分、好みだと思います。

しかし、これだけはハッキリ申し上げておきますが、骨盤矯正や産後の骨盤ケアはそんなに簡単なことではありません!

なぜなら骨盤だけのことではありませんので、全身を診なければなりません。

「骨盤を正常な位置にすれば体が自然と良い位置にいきます!」

「骨盤の歪みを治せば体全体の調子が良くなります!」

などを聞くと、

「嘘つけ〜〜〜〜!!!」

と心の中で叫んでしまいます。

 

ぼくの手整骨院の産後の骨盤ケアは、主に腰・股関節を中心に診ます。

これには治す順番があります。

本来、前弯している腰の骨が妊娠によって後弯しています。

お腹の中の赤ちゃんを支えようとして骨盤が開きます。

骨盤と関節している股関節がそれに伴い外に開いていきます。

ですので、妊娠してお腹が大きくなるとガニ股になってきます。

妊婦さんなら経験したと思いますが、普通に歩けなくなり常にガニ股になって歩いてしまいますよね。

それは骨格の構造上ガニ股になるので問題ありません。

この腰・骨盤の開き・股関節の開きの3つが主な骨盤のケアになりますが、その他諸々で体全体を診ながらの施術になります。

第一段階として腰の骨を戻します。

第二段階は骨盤と股関節を同時に戻していきます。

最後の第三段階が少しずつ運動をしていただきながらの調整になります。

 

ぼくの手の施術の仕方は、筋肉をほぐしていきながら骨格を少しずつ元に戻していきます。

ボキボキなる施術を怖がられる方が多いのでこの方法をとっているのと、ぼくが股関節の施術が得意としているということもあります。

誤解がないよう書きますが、ぼくの施術は痛い部類に入ります。

固まった筋肉をほぐす時にどうしても痛いです。

それも2〜3回すれば痛みの度合いが変わってきて、痛気持ち良いくらいにほぐれていることを実感していただくと思います。

理論的な話を主にしながら身体の説明をしつつ、様々な患者さんの実話を交えてアドバイスをしますので、きっと安心して身体を任せれると思います。

腰の後弯が元に戻ってきたら、主に骨盤・股関節周りの筋肉を緩めつつ骨格の調整をしていきます。

その調整をしながら運動の指導をしていきます。

この運動の指導もかなり大事なことです。

それに関してはバリバリ現役で運動をしている(トライアスロン!)ぼくがアドバイスしておりますので間違いありません!

適切な運動の順番がありますので、それを身体の具合を診ながらのアドバイスとなります。

 

他の紹介ページをみる