テーピング

●膝の内側が痛い

小学4年 男児 Hくん

バスケットボールの練習中に膝を痛め、治療したところ太ももの内側の筋肉が疲労により硬くなりこれが原因で膝に痛みが出ていました。

そのため太ももの内側にある筋肉をサポートするテーピングをおこないました。

(左)内側からみた写真、(右)外側からみた写真

009 008

このテーピングによって太ももの内側にある内転筋がサポートされて疲労を軽減してくれます。

テーピングは固定だけではなく貼り方によっては筋肉をサポートして疲労の軽減に働くため、例えば部活動の休みがない時などにテーピングを施すことでケガのリスクを少しでも減少してくれます。

しかし疲労が溜まりすぎた場合ではテーピングをして練習を続けるより休養と栄養を取ることが第一です。

そのためケガをする前に休養を取るか軽めの練習メニューを行い疲労を取ることをオススメします!

 

 

他の紹介ページをみる