ランニングをしていたら足の裏が痛くなった

鹿児島マラソンまで1ヶ月を切り、いよいよ最終追い込みの時期ですね!

ここでしっかり追い込みの練習をして本番に挑みましょう*\(^o^)/*

今回の記事は質問に対する解答になります。

真面目な記事になるのでご興味ある方だけご覧ください。

早速質問の内容に入ります。

はじまして。質問させてください。
ジョギング超初心者です。今年はフルマラソンに挑戦予定はありません。自己流で数回走ったのですが、左足裏が痛みが出てきました。痛みをこじらせたくないのでウォーキングを長時間しようかと思っています。ちなみに痛みは歩いたり、日常ではみられず、走ったり跳んだ時にあれ?痛いな。と気付きました。
ウォーキングはどんなメリットがあるのでしょうか?また足裏の痛みを抱えたままウォーキングを行っていいのでしょうか?そして、整骨院等にこれくらいの痛みで行って良いのでしょうか?整骨院にお世話になったことないので全く分かりません。
唐突な質問で大変失礼ではありますが、出来る範囲で教えて下さい。よろしくおねがいします。

体重がわからないためある程度の予測で書くことになりますが、伝えたいことは伝えれるので読み進めてください。

『左足裏に痛みが出た』

まずこの病名は「足底筋膜炎」です。

ランニング初心者に多く、走り方に問題がある方がほとんどです。

ランニングの際カカトから着地することで足の裏に付く筋肉が炎症を起こし痛みが出てきます。

裸足で走るとわかりますが、人間の構造上カカトで着地して走るようにはできておりません。

カカトで走るようになったのは、靴を履くようになったごく最近の話なのです。

以前の記事で着地について書いておりますので、そちらをご確認ください。

ランニングの着地方法

『痛みをこじらせたくないのでウォーキングをしようと思っている』

これは賛成できません。

今は歩いたり、日常生活では痛みがでないとのことですが、ウォーキングをしだすと痛くなる可能性が大きいです。

『ウォーキングのメリットは?』

実は「血流がほどよく良くなる」程度です。

それまで一切運動をしてこなかったとしても、ウォーキング程度ではほとんど筋肉はつきません。

確かに筋肉痛になったりするかもしれませんが、それも最初だけです。

ではなぜ「ウォーキングをした方が良い」と言われているのでしょうか。

それは、運動をしないよりした方が良いからです。

走ったり、泳いだり、自転車に乗ったり、何か運動をするということは中々ハードルが高いのです。

それらを考慮して「歩くことくらいなら出来るでしょ?」ということで生まれたものがウォーキングだとぼくは思ってます。

もちろんウォーキングを否定しているわけではありません。

しないよりした方が良いです。

しかし、血流がほどよく良くなる程度であって毛細血管にまで血流がいくかというと微妙なところとぼくは考えております。

『これくらいの痛みで整骨院に通って良いものか?』

痛いものは痛いので通われた方が良いとは思いますが、整骨院もしっかり選ばないといけません。

今回の「足底筋膜炎」は上に書いたように走り方に問題があることが主な原因です。

この事実を知っている整骨院や整形外科はほとんどありません。

なぜなら、診る人が走ったことがないため、どうして「足底筋膜炎」になったのかわからないからです。

足底筋膜炎で受診すると99%で「走ったことが原因」と言われます。

そんなことわかってるんですよ。

だって走ったら痛くなったんですもの。

では、走ったことがない人が急に走り出したら全員足底筋膜炎になるはずですよね?

しかし、実際は全員ではありませんし、ぼくも一度もなったことはありません。

「一度もなったことない」と書きましたが、自分で足底筋膜炎にしたことはあります。

「この走り方をしたら足底筋膜炎になるんじゃないか?」という仮定をたて、実験したところ確かに痛くなりました。

炎症を起こす前にやめましたが、そのまま続けたら確実に痛めていました。

実験結果を踏まえ、検証しそれを皆さんにフィードバックするために自分の体を痛めつけることがぼくのやり方です。

実際ランナーの患者さんで足底筋膜炎の方がいらっしゃいましたが、走り方を変えたら痛みがなくなりました。

「走って痛めた」のではなく、「走り方で痛めた」という表現が適切です。

微妙な言葉の差ですが、大きく違います。

ですので、整骨院を選ぶ際はホームページやブログなどで確認してからよく吟味した方がいいです。

しかし結局のところ、よく勉強している整骨院でも施術をする人との相性が全てだとぼくは思ってます。

相性が良く、自分に合ってると思えばそれで良いと思います。

中々見つけることが難しいと思いますが、自分に合った整骨院に出会えると良いですね( ^ω^ )

長くなりましたが、これがぼくの解答となります。

ご質問ありがとうございましたm(_ _)m

トレーニング動画など配信中!

トレーニング動画など配信中!

股関節やマラソンの情報つぶやいてます!

さかうえ整骨院ぼくの手 鹿児島市冷水町1-27 TEL 099-239-3336 

コメント

  1. 匿名希望であります! より:

    私も足裏が痛くなったことありました。はじめて30km走ったとき両足裏が痛くなりました。初めての距離で慣れてなかったからなのかと考えていたんだけどどうなんですかねえ。

    • bokunote より:

      >>匿名希望であります!さん

      どうなんでしょうねぇ
      試行錯誤されてみてくださーい

  2. 匿名希望であります! より:

    走るフォームって大事なんだなとおもいました(KONAMI感)

  3. 弘大 より:

    本当にありがとうございます!!!感激しております!!!そして、驚いております!!だって、僕の本にはカカトからの着地が書いてありますもの!!
    そして、早速ブログに書いてあった着地を身につけるべく走ってみましたが難しい!!ドタドタ走りになってますが、あれこれ試行錯誤しながら頑張ります!!
    このブログ、一冊の本にまとめてほしいくらです!更新を楽しみにしています!

    • bokunote より:

      >>弘大さん

      こちらこそご質問ありがとうございました!
      ぼくもランニングの勉強を始めた時、世の中の常識は所詮常識でしかなかったんだと思いました。
      それくらい衝撃を受けました。
      今の職業についていながら、カカトから走るのが普通と思ってました。
      それが実は全くの逆だったと知った時の衝撃ときたら(´Д` )
      確かに最初はドタドタ走りになったり、ふくらはぎが強い筋肉痛になったり様々なことがありますが、2週間もしたら慣れてきます。
      その2週間で色々と試行錯誤しながら自分のフォームを身につけてくださいね( ^ω^ )
      また何かありましたら遠慮なくご質問ください*\(^o^)/*