変形性股関節症症例集3〜股関節に水が溜まった〜

変形性股関節症初期の典型例です。

40代女性、Nさん。

3年前に全身の関節が痛くなり病院に行くとリウマチと診断。

リウマチの薬を処方され痛みは消失。

今もリウマチの薬を飲んでおり全身の痛みは出ないとのこと。

1年前に股関節に痛みが出て病院に行くと股関節に水が溜まっているとのことで、水を抜くため入院。

その際、レントゲン・MRIにて股関節を診たが骨に変形無し。

ここ1ヶ月前から激痛が出て病院に行くもレントゲンを診る限り骨に異常無し。

和式トイレに座っても痛みは出ない。

脚を上げる、1歩目の踏み出しなどで痛みが出る。

特に脚の付け根から前側に痛みが出現。

最近は膝の前側にまで痛みが出てきたとのこと。

これらの症状を聞き、ぼくが触診する前段階で「これくらいであれば大丈夫です。痛みは数回の施術で良くなります。」とお伝えしました。

なぜならこれらの症状は典型的な股関節痛の初期症状だからです。

結論から書きますと、この段階は筋肉をほぐすだけで痛みは驚くほどとれます。

実際一回の施術だけでNさんの股関節の痛みはほぼ無くなり、Nさんはビックリされてました。

誤解なく書きますと「施術が終わった後は無くなった」です。

その後の経過はこれから慎重にみていかないといけませんが、大体2〜3回の施術で良くなることが予測されます。

施術をした次の日にお電話があり、痛みがかなり引いたとのことでした。

日常生活での痛みは出ないものの、段差を登る際痛みがまだ少し残るとのことでした。

このことからも、2〜3回の施術で良くなることが尚更予測出来ます。

それではNさんの解説をしていきましょう。

まず骨に変形が無いのになぜ痛みが出たのか、これが多くの股関節痛にお悩みの方々の疑問ではないでしょうか。

答えは単純明快で、筋肉のコリが原因だからです。

筋肉はレントゲンに写らないため全く考慮されていません。

ナンセンスな話ですが「全く」です。

次なる疑問として「なぜ筋肉のコリが出来たか」が出てきました。

これには様々原因があります。

運動不足・出産後の骨盤のケア不足・普段の姿勢など多岐に渡ります。

Nさんの場合、骨盤の開きが強くありました。

若干浮いているくらいの緩さがありました。

普段が立ち仕事をしており、多分左股関節に重心を置く癖があるのかもしれません。

また、リウマチの関係で運動がほとんど出来ないとのことで、筋力不足も考えられます。

リウマチは自己免疫疾患です。

タンパク質を十分に摂ると改善することがあります。

関節に負担なく運動することは不可能ですが、なるべく動かして筋肉を付けないと股関節の痛みが中々取れない事があります。

そこは今後Nさんの調子を伺いながらアドバイスしていく予定です。

次に、筋肉のコリがどのように関係しているのかを考えます。

上記の様々な原因により筋肉が萎縮してしまい、関節が正常に可動しなくなります。

すると関節の中で骨と骨がぶつかるようになってしまい、そこで炎症を起こし「水」が溜まってしまいます。

炎症が起こると水が溜まる発生機序を簡単に書きます。

骨と骨がぶつかりそのストレスで活性酸素が発生します。

この活性酸素が骨を溶かします。

溶けた成分たちがいわゆる「水」と呼ばれているものです。

世間一般で言われている「水」というものは骨が溶けたものでもあるのです。

骨が溶けているということは、これから変形が始まる合図でもあります。

骨が溶けることで骨が柔らかくなります。

柔らかいということは、容易に変形してしまいます。

ということは、この炎症が起こっている原因をいち早く取り除き、炎症を引かせることを最優先にしないと変形が始まってしまいます。

炎症が起こった原因は骨と骨がぶつかっているからでした。

骨と骨がぶつかる原因は筋肉のコリが発端となり、関節の正常な可動を妨げたからでした。

ということは、筋肉のコリをほぐせば炎症は自ずと治るということです。

理論通りの話で、決して難しいことではありません。

実に単純明快な事象です。

この炎症を抑える方法が他にもあります。

ビタミンCを摂取することです。

ビタミンCには炎症を抑えてくれる効果もあるからです。

水が溜まったということは、骨が溶けているということです。

ということは、骨の再生に必要な栄養素を摂ると骨の変形も防げることになります。

ビタミンA・C・K、銅、マンガン、リンと十分なタンパク質を摂った上で最終的にカルシウムを摂ると良いでしょう。

これらの栄養素を摂れば炎症が完全に引くわけではありません。

変形を防ぐ為の栄養素ですので、まずは筋肉をほぐすことが最優先事項です。

変形性股関節症の方々の症状は千差万別ですが、全員に共通して言えることがあります。

それは「早期治療」です。

早期治療は当たり前のようですが、多くの方が股関節痛はそのうち自然に治ると思っています。

中には治る方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結局治らない方が多いです。

早期に治療すれば治りは本当に早いです。

Nさんのような症状から股関節の変形は始まります。

変形してしまうと骨を元に戻すことは不可能です。

変形性股関節症の方々を多く診ておりますが、骨が変形してしまうと治療も難しくなっていきます。

それでも諦めずぼくの手を求めて来院される方々の期待に応えるべく努力は当然しております。

施術だけが全てではなく、運動方法・食事・栄養などのアドバイスなど多岐にわたった総合治療で皆さまの股関節の悩みを全力で受け止めております。

躊躇などせず、まずはお電話ください。

きっと何かの役に立てるよう努力致します。

お待ちしております。

トレーニング動画など配信中!
股関節やマラソンの情報つぶやいてます!
さかうえ整骨院ぼくの手 鹿児島市冷水町1-27 TEL 099-239-3336 

コメント

  1. アニメ師匠 より:

    MRIで異常無しというのがポイントですね!
    40代でリウマチとは大変でしょうけど
    早期発見、早期治療これはホントに大事なことです

    「運動」と「栄養素」
    今、全く健常な方でも、超高齢社会に備えて自分の体は自分で守るように
    意識していく必要があると思います

    • bokunote より:

      >>アニメ師匠さん

      『運動・栄養・筋肉』
      この三つがかなり重要です。
      この見極めがぼくの役割と考えております。