MENU
useful_main

産後の体の話

 出産を経験されたほとんどの女性が産後の骨盤の歪み、腰の痛みで悩まされていると思います。他にも様々な問題が出るのが産後の女性の体です。しかし、何よりも気をつけないといけないのが、骨盤の歪みというより股関節の歪みです。

 産前産後の股関節は外に開いています。わかりやすく言えば、ガニ股になっています。これは避けようのないことで、お腹の中の赤ちゃんを支えるためにはどうしても必要なことなのです。その股関節の開きを産後放っておくとお尻が大きく見えたり、お尻や太ももの裏に脂肪がつきやすくなります。そして、最も恐ろしいことは50~60代で股関節を悪くする確率が大幅に高くなります。

 変形性股関節症になる方の多くが出産を経験された女性です。それは産後の股関節治療と適切な運動をすることで大きく改善されます。股関節の施術ができる人は全国的にみてもかなり少ないです。なぜなら股関節は複雑であり、正確な知識が必要となり、それ相当の技術が必要になるからです。

 様々な施術がある中で、ぼくの手が一番ですべて正しいとは言いません。しかし、情熱と自信はあります。ぼくの手が皆さまのお力になれば幸いです。

骨盤ケアの話

産後の体の話