航空学生の一日まとめ

以前のブログで大人気だったシリーズ、航空学生の一日をまとめようと思います。

まだ見た事がない方にもお勧めの過酷な一日です。

航空自衛隊でもトップクラスに過酷といわれる航空学生の日々。

どうぞご覧ください。

航空学生の話 1 〜受験編〜

航空学生の話 2 〜入隊編〜

航空学生の話 3 〜始まりの合図編〜

航空学生の話 4 〜やり残しであります編〜

航空学生の話 5 〜果てなく続くストレート編〜

航空学生の話 6 〜ミッションインポッシブル編〜

航空学生の話 7 〜アゲアゲEVERY騎士編〜

航空学生の話 8 〜トイレに行ってくるであります編〜

繋がりは航空学生

航空学生を目指す君へ

航空学生に入隊する前にすべきこと

たくさんあるので時間があるときにでもみてください。

1つ1つが結構な長文ですが内容が凄く濃いので面白いと思います。

トレーニング動画など配信中!
股関節やマラソンの情報つぶやいてます!
さかうえ整骨院ぼくの手 鹿児島市冷水町1-27 TEL 099-239-3336 

コメント

  1. kogaku より:

    お疲れ様です。いつもブログを拝見させてもらっています。突然のコメント、大変申し訳ありません。この度、晴れて航空学生に入隊することになったのですが、体力、知力ともに不安です。2年間自衛官として勤務した上での今回の入隊なので、特に国数英などの学力が高校生に比べて大きく劣っていると思います。筆記試験も半分できているのかな?と言ったところです。航空学生の1学年時には国数英など基礎科目を学習するとのことですが、難易度はどのくらいなのでしょうか?やはり基礎がしっかりしていないとついて行くのは厳しいですか?

    • bokunote より:

      >>kogakuさん

      初めまして、こんにちは!

      2年間自衛官をされていたのであれば体力は問題ないと思います!

      ここで安心させて勉強を疎かにしてしまうかもしれませんが事実を書きます。
      航学の中で多分数学が一番出来なかった同期が今ファイターになってます。
      逆に勉強が全体的に出来たにも関わらずパイロットになれなかった同期もいます。
      このブログを見て実際当院にお越し頂いた航学の親御さんの話を少し書きます。
      息子さんは英語がかなり出来なかったようです。
      それこそビリじゃないでしょうが、英語の成績は最後尾にいたようです。
      しかし、どうしてもパイロットになりたいという強い気持ちを持って日々生き抜き、今ではファイターとして日本の空を守っています。

      kogakuさんは「今」は確かに勉強が出来ないかもしれません。
      しかし、本気でパイロットになりたいという強い気持ちがあればきっと乗り切ることが出来ます。
      そのために学科試験があったわけですしね。
      学科試験に合格されたのであれば大丈夫ですよ。

      ですけど、入隊してから苦労するより今のうちからやれることをやっていた方が良いですよ( ^ω^ )
      体力に自信がなければ今のうちから走ったり腕立てや懸垂などをしていてください!
      大丈夫です。
      「こいつはパイロットになれる」
      という人間しか航学には入れませんから。

      やる気!
      元気!
      負けん気!

      これがあればなんとかなります!
      (ぼくは全部中途半端にしか持ってなかったのでフェードアウトしました!)
      武運長久を祈ります!

      • kogaku より:

        ありがとうございます!安心すると同時にやはり今できることをやらなければ、と闘志に火がつきました!ファイター目指して頑張ります!!

        • bokunote より:

          >>kogakuさん

          その気持ちを決して忘れることなく残り2ヶ月を過ごされてください!

          ちなみに自衛官から航学に入ると先輩や上官から高卒入隊者より厳しめでみられるし、
          高卒入隊者から頼りにされがちになるのでやはり今のうちから体も頭も鍛えていた方が絶対に良いですよ!
          ファイターは航学の中でも5%程度と限られた人しか勝ち取れないスーパーエリートの集まりです!
          気を抜いてる暇なんて全くありません!

          いつの日か鹿児島上空に来た時は機体を揺らして手を振ってくださいね(^ ^)
          ファイターとなり日本の空を守ることを心より応援しております。

          • kogaku より:

            お疲れ様です!1ヶ月ほど前に連絡させていただいた者です!
            先日導入教育が終わり戴帽式が行われ、正式に航空学生の一員になることが出来ました!これから苦手な学科等が本格化していきますが、なんとか頑張っていきたいと思います!

            • bokunote より:

              >>kogakuさん

              お疲れ様であります!
              今は「導入教育」というものがあるのですね!
              部隊から自殺者や逃亡者が出たから色々改善されたとは聞いております!
              多分今はGWで帰省されてるのかな??

              学科は勉強の要領を得てください。
              要領良くしないと中々追い付きません…。

              苦手な運動はスマホで調べて克服されてください!
              今は情報が何でも手に入ります。
              だからこそ情報を絞ることが難しいのですが、取捨選択を頑張りましょう!

              やる気・元気・負けん気で乗り切ってくださいね(^ ^)
              また何かわからないことがありましたら答えれる範囲でお答えいたしますのでお気軽に〜( ◠‿◠ )

  2. ME より:

    はじめまして。
    航空学生となった息子の母親です。
    ブログを拝見して驚きやショックを隠せません。
    あんなに心優しく笑顔と笑いの絶えなかった息子が、これから暫くはこんな辛い毎日を送るのかと思うと心臓がえぐられる想いが致しました。
    と同時に、全くどんな感じなのか想像もつかなかったのでとても勉強になりました。
    有難うございました。

    死なずに、元気に遊びに帰ってきてもらいたいものです。

    • bokunote より:

      >>MEさん

      はじめまして。
      ブログに書かれてる内容は20年前のことなので今の時代とは違いますので参考にはなりませんので悪しからず…。
      訓練で死ぬことは中々ないのでそこまで心配されなくても良いかと思います。
      しかし、親心というものはいつでも子どもの心配をするものですよね。
      ぼくも子どもを持ってその心を知りました。

      肉体的にも精神的にも強くならないと戦闘機のパイロットにはなれません。
      100億という血税でまかなわれた一機の飛行機を操縦するわけですから。
      何はともあれ息子さんの武運長久を祈ります。