光どん日記81〜ぼくの手進路相談〜

どうやら梅雨入りした鹿児島です。

シトシト雨が始まりました。

梅雨が明けると夏がきます。

今年の夏は海辺のギャルを独り占めしようと今から妄想に励んでおります。

この時期は進路を決める時期でもあります。

ぼくはパイロット一択の進路希望でしたので高校生の時に悩んだことはありませんでした。

実際自衛隊のパイロット部隊に入隊しましたがすぐに辞めました。

今思い返せば自衛隊を辞めた後、民間のパイロットを目指して頑張れば全く問題なかったのに何で目指さなかったのかなと疑問が残ります。

当時は自衛隊を辞めたことのショックで人生の全てが終わったくらいの気持ちでした。

もしこの時に誰かに「民間のパイロットを目指したら?」と言われたらそっちの道を目指していたかもしれません。

しかし、ぼくの運命はそのようにはいきませんでした。

ぼくはパイロットになる運命ではなかったのでしょう。

塞ぎ込んでいたので有益なアドバイスも耳に入ってこなかったのかもしれません。

こればかりは最早運命でしょう。

ある高校三年生二人がいます。

一人(M君)はパイロットを目指しているとのことでした。

ぼくが知ってる情報を伝えれるだけ伝えました。

自分なりに考えているようで、ある程度進路は決まっていました。

もう一人(K君)は自分が何をしたいのかどうすれば良いのか悩んでいます。

世の中の大多数がK君と同じだと思います。

これまで進路の話をたくさんの中学・高校・大学生の患者さんとしてきましたが、M君のような子は稀で、K君のような子が多いです。

ぼくがアドバイスすることはいつも同じです。

『多くを経験した方が良い』

10・20代は様々なことを経験するに尽きます。

現代はネット社会でどんな情報でも手に入ります。

逆説的になりますが、だからこそ選択することが難しいのです。

この選択する能力はネットだけでは養われません。

いろんなことを経験していくしかありません。

ネットで得た知識であたかも全てを知っているかのように思ってる人が多いように感じます。

決してそれが悪いというわけではありませんが「浅く」感じます。

すぐに得れるものはすぐに無くなるというのが世の常です。

漫画の描き方をネットで知っても実際描いてみると全く描けません。

インドのスラム事情をネットで知っても実際の目で見て現地の人から話を聴くと全く感じ方が違います。

経験することで「知識」が「知恵」に変わります。

「経験する」と言っても何でも言い訳ではなりません。

薬物や犯罪行為はすべきではありませんよね。

社会的にしてはいけないことを除いて経験は様々すべきです。

成功や失敗の経験もすべきです。

そのためにはお金が必要です。

このお金の出所が大事になります。

経験をするにはほとんどお金が伴います。

人から(特に親)もらったお金では経験の度合いは浅くなります。

自分で貯めたお金で経験すべきです。

自分のお金だと、いくら必要なのか、何を揃えるべきなのかなどを細かく考えて使います。

そういった過程を経ることでお金の使い方を学びます。

お金は使わないと学べません。

たかが36年しか生きてませんが、ぼくがわかったことです。

大学生になりバイトをしてお金を自由に使える人が多いと思います。

大学生が一番お金を自由に使えると言っても過言ではないです(もちろん中にはその例に当てはまらない人もいるでしょうけど)。

これは大多数の人が経験したことだと思いますが、大学生の頃にバイトして得たお金ほど意味不明になくなることってないですよね。

気付いたら財布や通帳からお金が無くなってます。

お金の使い方を知らないからそうなるのです。

しかし、これは通るべき道の一つでもあります。

ここでお金の使い方を学びます。

社会人になり、結婚すると自由にお金を使えなくなります。

それが嫌で結婚したくない人もいるくらいです。

それはそれで人の考えですから仕方ありません。

しかし、不自由だからこそ自由になれることもあります。

家庭にお金を入れないといけない、自分が自由に使えるお金はこれだけだ、だったらこのお金の範囲で何が出来るか、と考えます。

もしくは、どうしたら自由に使えるお金を増やすことが出来るかと考えることも一つでしょう。

そこでギャンブルに使ったり飲みに行って使い切っては勿体無いです。

どうせギャンブルするなら絶対(ここでの絶対とは毎回勝つという意味ではなく、トータルで勝つということ)に勝てる方法を見つけるべきですし、飲みに行くなら何か得るものがあった方が良いです。

ただ飲んで楽しいだけなんて時間とお金の無駄です。

たまにはそんなことも良いと思いますが、毎回それをやっていてはただの浪費です。

話を元に戻しますが、K君のような将来が決まってない人にはとにかく「経験」を勧めます。

ずっと経験だけでは経験の無駄遣いです。

経験で得たものを昇華させる必要があります。

それは中々難しいし、ぼく自身出来ていないことだらけです。

もちろん、まだまだ経験すべきことはたくさんありますが、そろそろ昇華させる必要があるように思います。

高校三年生、部活が終わり進路を決めなければなりません。

けど、別に無理に決めなくても良いんですよ。

自分の進みたい道がわからないのに、進路なんてわかるはずがありません。

その道を見つける為にいろんな経験をすることが大事です。

経験する為には知識が必要です。

知識を自分のモノにするには経験が必要です。

そしてその経験で得たモノが知恵に昇華することで自分の将来が決まってきます。

同じ経験ばかりするのではなく、いろんな経験を自らの意志とお金でし続ける貪欲な好奇心をいつまでも忘れなければ自分の未来は自ずと決まってくるのではないでしょうか。

ぼくもいつまでもこの気持ちを忘れず生きて行こうと心掛けているところです( ^ω^ )

今決めなくても良いんです。

決まる時が来るその日までいろんな道を開拓しておきましょう( ^ω^ )

トレーニング動画など配信中!
股関節やマラソンの情報つぶやいてます!
さかうえ整骨院ぼくの手 鹿児島市冷水町1-27 TEL 099-239-3336